「肛門痛がなくなった…尿漏れは殆ど完全にと言って良いほど消失!」藤田政美様(仮名) ヨーロッパ在住 54歳 下半身美人ベルト口コミ

カートに入れるカート

「肛門痛がなくなった…尿漏れは殆ど完全にと言って良いほど消失!」藤田政美様(仮名) ヨーロッパ在住 54歳 下半身美人ベルト口コミ

藤田政美様(仮名) ヨーロッパ在住 54歳
「膀胱下垂 直腸瘤にお悩みで、何ヶ月間かは死にたいというお気持ちにまでなってしまっていた」(掲載のご了承を頂いております)

【1通目】 前略 ご無沙汰しております。
ご多忙の中…お元気でお過ごしの事と存じます。
ベルト装着5か月、そして外してさらに4か月経った今、ご報告をさせていただきたくお便りしました。

その節は、幾つかの質問に答えていただいたり、お世話になり、ありがとうございました。

さて、私の問題は、膀胱下垂直腸瘤です。

結果は、お陰様で、尿漏れは殆ど完全にと言って良いほど消失しました。

膀胱も、ある時点からはそれ以上下がってはいないように思います。

この間、骨盤底筋体操も並行して、理学療法師について実行してまいりました。

ベルト着用期間5か月を過ぎてからも、体操を一人でずっと続けているうちに、多くなったり少なくなったりを繰り返しながらも、 少しずつ尿漏れが減っていき数ヶ月前からなくなりました

この結果が、ベルトのお陰なのか、体操のお陰なのか、それとも両方なのか、実ははっきりと分からないのですが、とにかくこの改善は確かです。

上手くベルトが装着できていたならば、骨盤が矯正されて、かつ骨盤底筋体操で鍛えられたインナーマッスルが膀胱を支えてくれているのではないか?と私は思っています。

そして、きっと正しく装着されていた、と私は考えます。
というのは、一つ、多分、直腸瘤について、そしてそれに対してベルト着用に関して、“不思議な体験“があったので、それを次回のお便りで、是非、ご報告したいと思っております。

お忙しい事と存じます。
返信などは期待していないのですが、不思議なご報告をぜひ読んでいただきたい次第です。

臓器下垂と診断されて、ほぼ一年、とにかくお陰様でなんとか元気に生きています!

当時は、気持ちもかなり落ち込み、誰にも話せない内容ということもあり、極端な話、何ヶ月間かは、死にたい (*_*)/ 気持ちにまでなっていたのですが、 今は悩みと不安や多少の不自由を抱えながらも、何時からか、「こんな事で私の人生の楽しみを奪われてたまるか」という気持ちになり、お陰様で楽しく生活できております

では、またもう一通差し上げる事にいたします。

取り敢えず、一度ここでペンを置きます。
藤田政美(仮名)

(※得られる結果には個人差がございます)

“不思議な体験”【2通目】
(掲載のご了承を頂いております )

こんにちは。

前回のご報告の続きで、今日は、(下半身)美人ベルトを送っていただいた当時(9か月前)の不思議な体験について書かせて下さい。

このような事は、お手紙でお会いしないからこそ書けるのですが。。。

当時、直腸瘤のためか定かではないですが、肛門(の中)が痛くなったのです。

原因不明だったため、何の病気なのか悪い病気ではないかと心配したのですが、結局何も悪い所はなく、未だにあれは何だったのか、医者も検査技師も判明できなかったようです。ではなく、肛門管のようでした。

それも、歩けないほど最後は痛くなり、仕事もやむなく休んだのでした。

そんな時、ベルトが到着し、本当は臓器の下垂を早く、少しでも妨げるべく、早く試したかったのですが、肛門痛のため、着用すべきか否か一日迷ったのですが、翌日、思い切って試してみました
すると、あんなに痛かったのが、すーっと軽減したのです。

直前一週間は、あまりの痛みに、殆んど寝たきりでしたのに。
その日から、ベルトのお陰で仕事に行くことができるようになりました。

あれは本当に不思議で、ある日一日だけ、 たまたまベルトなしで映画に行ったら、再び肛門痛が襲ってきて四苦八苦して家路についたのでした。

これで、肛門痛の軽減ベルトの効用だったという事が証明されたわけです。

私は あれは、直腸瘤の便秘のせいだったのではないか、と思っています。

当時は、専門家ではなく、掛かりつけの内科医で、用指排便座薬禁止されていたため、排便に関しては八方塞がり(!)で、
夕方になると、朝の残便直腸に溜まっている状態で、それが下に向かって肛門付近を押すことになり、それが痛みの原因だったのでは、と思っております。。。
(私には真相はわかりませんが。)

その重みベルトが持ち上げて軽減してくれたのかも知れません。

後になってからやっと紹介していただいた専門医によると、本当は用指も座薬(下剤)も逆に、使うべきなのだそうです、トイレでのいきみ過ぎの回避のため。

(座薬の種類によります) でも、どちらも直ちに手術に走る医者でなくて良かったです。
もちろん、今は、肛門痛はもうありません
はっきりしたベルトの効果は、私の場合、このような事でした!

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
再び長文になり、失礼いたしました。

沢山のメールを読まれたり、返信なさったり、他にも色々、大変な日々と存じます。 どうぞ、お体にお気をつけて。

人知れず悩む女性の方々が、私がそうであったとおなじように、(下半身)美人ベルトによって少しでも救われるべく、これからも貴社の増々のご活躍とご発展をお祈り申し上げます。
色々、ありがとうございました
かしこ

藤田政美(仮名)
二〇十九年九月二十二日

岩崎あみ様
追伸、書き忘れましたが直腸瘤は私の状態では改善はないらしいですが、今の所、手術の必要なしで、軟便剤の処方と、医師と理学療法士による指導(食事・排便・生活の)で、旅行時など多少の不便はあっても、ほぼ普通に生活できております

(※得られる結果には個人差がございます)



コメントを残す

*

PAGE TOP



バランス工房 日本骨盤臓器脱研究所

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-12-1
TEL:090-6565-4900(平日14~18時)
FAX:03-5820-4408




メニュー

メール
カート
カート
HOME